topimage

2018-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震~動き続ける大地と心~(その4) - 2011.06.20 Mon

Ⅲ プレートの一生

それではプレートはいつ頃どのようにしてできたのでしょうか?

実は、驚くべきことに

今もなおプレートは新しく作られ続けています!

プレートは海底火山の集まりである中央海嶺と呼ばれる場所で生まれます。

海嶺では地球内部のマントルから高温の物質(マグマ)がわきあがり、

それが海水によって冷えて固まることで次々とプレートが作られています。

こうして生まれたプレートは水平に移動して、海嶺から離れていきます。



 


地球上の表面積は限られているのに

どんどんプレートが作られているということは

どこかでプレートが失くなっているということでしょうか?

そうなんです。

海嶺で生まれたプレートは、陸のプレートと衝突する場所で

陸プレートの下にもぐりこむような形で沈み込んでいます。

沈み込んだプレートは地球内部の高温によって溶けて

マントルの一部となって消失してしまいます。

このようにプレートがなくなる場所が海溝です。

プレートにも一生があるのですね。

地球は「生きている」と感じられるお話です。




ちなみに日本の太平洋側にある巨大な太平洋プレートは

東太平洋海嶺で生まれ、日本海溝に沈み込んでいます。




(つづく…)

↓応援クリックよろしくお願いいたします。m(__)m
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ


地震~動き続ける大地と心~(その5) «  | BLOG TOP |  » 地震~動き続ける大地と心~(その3)

プロフィール

永野裕之

Author:永野裕之
東京大学理学部地球惑星物理学科卒
現在:永野数学塾塾長

地球や太陽のことをきちんと知ることは、つきつめると「自分はどこから来たのか」という人類の究極の疑問に答えることに繋がります。
太陽系の成り立ちを知ると地球に生命が生まれたことがどれだけ奇跡的なことなのかがよく分かります。
そして、生命が海から陸にあがり、やがて知能をもつ人類への進化したことはさらに奇跡が何重にも重なった宇宙の神秘であることに気づくでしょう。
現在高校の理科で地学が化学・生物・物理にくらべるとややマイナーな科目になってしまっていることは大変残念なことだと思っています。
今後も、私なりに地学を通して微力ながら、地球や宇宙の素晴らしさを発信していきたいと思います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
宇宙 (6)
大地 (15)
空 (11)
海 (0)

メールフォーム

お気軽にお問い合わせ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。