FC2ブログ
topimage

2018-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震~動き続ける大地と心~(その8) - 2011.06.24 Fri

(つづき…)

下の写真は阪神淡路大震災の時に生じた「野島断層」です。

阪神淡路大震災はマグニチュードが6.9でした。

また東日本大震災のマグニチュードは9.0でその差は2.1です。

前章で紹介しました計算式に従って計算すると

東日本大震災は阪神淡路大震災に比べて

実に約1450倍のエネルギーだったことになります。

しかし最大震度はどちらも7でした。

それは震源地

東日本大震災の場合はプレート境界型遠かった

(宮城県・牡鹿半島沖約130キロ 深さ約24km)

のに対して

神淡路大震災の場合は内陸直下型近かった

(淡路島 明石海峡大橋の真下 深さ約16km)

からだと考えられます。


多くの尊い命を奪った2つの大震災…

私たちはただその強大なエネルギーの前に立ち尽くすしかないのでしょうか…

何かをここから学ぶことはできないのでしょうか・・・




(つづく…)

↓応援クリックよろしくお願いいたします。m(__)m
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 科学ブログ 地学・地球科学へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ

地震~動き続ける大地と心~(その9) «  | BLOG TOP |  » 地震~動き続ける大地と心~(その7)

プロフィール

永野裕之

Author:永野裕之
東京大学理学部地球惑星物理学科卒
現在:永野数学塾塾長

地球や太陽のことをきちんと知ることは、つきつめると「自分はどこから来たのか」という人類の究極の疑問に答えることに繋がります。
太陽系の成り立ちを知ると地球に生命が生まれたことがどれだけ奇跡的なことなのかがよく分かります。
そして、生命が海から陸にあがり、やがて知能をもつ人類への進化したことはさらに奇跡が何重にも重なった宇宙の神秘であることに気づくでしょう。
現在高校の理科で地学が化学・生物・物理にくらべるとややマイナーな科目になってしまっていることは大変残念なことだと思っています。
今後も、私なりに地学を通して微力ながら、地球や宇宙の素晴らしさを発信していきたいと思います。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
宇宙 (6)
大地 (15)
空 (11)
海 (0)

メールフォーム

お気軽にお問い合わせ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。